ダイレクトボンディング

【レジン充填】削る量も少なく、白い歯になれる治療法


銀歯にはなりたくないけど、セラミックの歯は高いし…」と悩んでいる方はいませんか?「レジン充填(じゅうてん)・ダイレクトボンディング」はそんな方にオススメの治療方法です。この治療は、虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンという白い歯科用プラスチックを詰める方法です。
かつての虫歯治療では、歯を削った後に詰める”詰め物”は、銀歯などの金属や、高価なセラミックや金合金による修復法しかありませんでした。しかしコンポジットレジンと呼ばれる白いセラミックとプラスティックのハイブリット素材を使うことで、よりリーズナブルに白い歯を手に入れることができます。
また、レジン充填は、1回の通院で治療が完了するため、仮の詰め物による不快感がありません。さらに歯を削る量が少なく、削った面にすぐに接着剤を塗布するために、仮の詰め物を入れている時に比べて感染のリスクが非常に少ないのも特徴です。
<メリット>
①白い
②1回で終わる
③仮の詰め物をいれなくてすむ
④その日に詰めるため細菌感染がない
⑤歯を削る量が最小限ですむ(M ミニマム I インターベンション)
⑥硬質レジンの熱伝導は、金属に比べ小さく、ほぼ歯と同じであるため冷たいものがしみることがない
⑦レジンの下に虫歯ができれば色が変わって見えるため、発見が早い

<デメリット>
①詰めるのが難しく、術者の技量に左右される
②詰めるのに時間がかかるため、長時間口を開けていなければならない
③歯と歯の間に詰めるとが特に難しく、口の外で作る金属に比べエラーが起きやすい

歯と歯の間はバリアーを作って治します


1枚目の写真の金属の周りを見てください。ずいぶん長い間使われていたようで、金属の周囲がすり減って全体的に丸っこくなっています。2枚目は金属を外したところ。白いセメントが残っていますが、所々黒くなっていますね。これは黒い色をした細菌で、歯と金属の間に隙間ができていて入り込んでいたものです。3枚目の写真でピンク色に染まっているところがありますね。これは、虫歯を染め出す液の色です。ピンクに染まったところは虫歯なので削らなければなりません。これを何度も繰り返して、虫歯だけを丁寧に削り取っていきます。
4枚目の写真は、歯と歯の間に隔壁を作っているところです。コンポジットレジンは様々な硬さのものがありますが、基本的には粘土よりも柔らかいものなので、こうして隔壁を作って詰めないと、隣の歯にくっついてしまいます。5枚目の写真は噛み合わせの調整をしているところです。赤く色の付いているところが当たっているところです。6枚目が完成の写真です。これくらいのアップで見ると、コンポジットレジンを詰めているのがよくわかりますが、口の中に光を当てて覗かない限り硬質レジンが詰めてあることはわかりません。
所要時間40分
自由診療 1本 約¥20,000(税抜き)