感染経路

新型コロナウイルスの感染を防ぐためには、感染経路をシャットアウトすることがとても重要です。

現在、分かっているコロナ の感染経路は、接触感染と飛沫感染です。

特に飛沫感染の対策は難しいのですが、当院はコロナの渦中に移転をすることになりましたので、十分な換気が行えるような設備を整えることが出来ました。

接触感染

皆さんもよく存じのように、新型コロナウイルスは接触感染を起こします。

例えば、感染した人の体液の付いた物に触れ、その手で眼を擦ったり食事をしたりすると、ウイルスが目や口から体内に侵入し感染することがわかっています。

皆さんが取る対策としては、他人が触れた部位をできるだけ触れないようにしたり、手洗いやアルコール消毒で手指をきれいにしておくことです。

接触感染に対する当院の対策

1. 入り口に消毒液の設置

入り口の消毒液

2. ドアノブや椅子など患者さんが手を触れやすい部位の消毒

ドアノブの消毒
患者さんが触れる度に消毒
治療椅子の消毒
治療が終わる度に消毒します

3. 唾液や血液などが付きやすいところはすべてフィルムでバリア

パネルのカバー
一番汚れがつきやすいところ
取手のカバー
術者が触れるところはフィルム貼り

4. 硬貨はアルコール消毒、紙幣は消毒できないため全て新券を使用、クレジットカード端末はフィルムで防護

受付パーテション
受付には防護フィルム
クレジットカードの端末のカバー
クレジットカードの端末もフィルム貼り

飛沫感染

飛沫感染も連日TVで放送されていますから、よくご存知のことと思います。

ただ、歯科特有のリスクがあります。

いわゆるエアロゾルと呼ばれている、歯を削ったり、クリーニングをしたりするときに出る唾液を含んだ粒子が感染源となります。

エアロゾルに対する当院の対策

1. 歯を削ったり、クリーニングを行うときには、お口の中に入れる「口腔内バキューム」と、周囲に飛び散る粒子を吸い取る「口腔外バキューム」を併用して、唾液の飛散を防ぎます。

口腔外バキューム

2. 個室ごとに空気清浄機により、汚れた空気をきれいにします。さらにウイルスにも効果があるとされるプラズマクラスターを放出し積極的に空気の除菌をしています。メーカーのデータでは8畳を5分で清浄する能力があるとしていますので、当院の個室では約3分程で空気がキレイになる計算です。

シャープのサイトから引用

3. 24時間換気システムにより外気を取り入れ、約40分で室内の空気が新鮮なものに入れ替わります。特に個室では、給気口を空気清浄機の吸気口のすぐそばに設置することで、取り入れた外気を空気清浄機にかけてキレイにしてから室内に供給できるようにしてあります。

空気清浄機付きエアコン
エアコンの上に外気を取り入れる吹き出し口を設置しました