メニュー
一覧

虫歯菌から歯を守る!

   

前回はスーパー接着剤について投稿しました。今回はそれをどう生かすかに付いて述べたいと思います。

虫歯を削った後に、スーパー接着剤を塗布すると何が起こるか?

削った面に一層の膜が形成されて、虫歯菌が入れなくなるのです。つまり、傷口を塞ぐ効果があるのです。これは、とても重要なことです。

銀歯を入れたけれど、何年かするとその下に新しい虫歯が出来てしまっていたなんて経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?実際に多いのです。これは、歯を削ってから銀歯を入れるまでの間に虫歯菌が侵入してしまったり、セメントが経時変化により溶けてなくなり虫歯菌が侵入してしまったりするために起こります。

でも削ったらすぐにこの接着剤を塗布することで、虫歯菌をシャットアウトし、さらに取り残してしまった虫歯菌をも殺してしまうのです。例え詰め物が外れたとしても、この接着剤が溶けずに歯の表面に残っていてくれれば、少なくとも虫歯の進行が進むことはありません。

これまで、銀歯がいいとか、セラミックがいいとか聞かされてきた患者さんにとって、盲点を突かれような話かもしれませんが、虫歯の進行を止めたいのであれば、銀歯であろうとセラミックであろうと関係なく、「どんな接着剤を使うか?」が一番大切なことなのです。

これまで、長年歯医者をやってきましたが、患者さんから「一番いい接着剤を使ってください!」と言われたことは一度もありませんでした。多くの患者さんは銀歯やセラミックが丈夫で長持ちするかどうかだけに関心を寄せてきたように感じられます。

しかし、ここで考え方を変えてください。銀歯やセラミックを守るのではなく、歯を守ることが最も大切なことなのです。削られた歯面は感染に弱いため、これを保護することが最も重要だということを。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから



ヒラノデンタルオフィス:https://www.hirano.dental

電話:03-3708-8242
住所:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-9-17
最寄り駅:田園都市線用賀駅 徒歩4分


TOP