メニュー
一覧

銀歯はなぜダメなのか? 銀歯ではなく白い歯で治すなら用賀のヒラノデンタルオフィスです。

   

現在、健康保険で奥歯を治療する場合、ほとんどの歯科医院で銀歯が選択されます。皆さんもそれが常識のようになっていているようです。ただ皆さんの中には銀歯になるのが嫌でギリギリまで治療を拒んでいる方もいらっしゃるようです。

さて、これまで銀歯は良くないと言ってきましたが、一体どこがダメなのかを説明しましょう。

1.たくさん歯を削る!

以前歯の構造について解説しましたが、虫歯はエナメル質では進行が遅く、象牙質だと速く進むことを覚えていらっしゃいますか?

皆さんの中には、小さな虫歯だと思って歯医者に行ってみたけど、終わってみれば思っていたより大きな穴を開けられ大きな銀歯を入れられて驚かれた経験をお持ちの方も多いと思います。

これは、虫歯の入り口は小さく中は大きくなるという特性からするとある程度やむおえないことですが、銀歯を入れる場合、絶対に中より入り口を大きくしなければ入れることができません。

もちろん、虫歯を削るドリルを入れるための穴は開けなければなりませんので、問題のないエナメル質を全く削らずに中の虫歯になった象牙質を削ることはできませんが、銀歯を入れるためには、一切の妥協は許されません。

また、金属は変形しやすいため、ある程度の厚みを確保しなければならず、浅い虫歯の場合健康な歯質を削らなければなりません。

接着剤の金属対する接着力は十分でないために、銀歯が外れないように、健康な歯質を削ってでもジグソーパズルのような若干複雑な形にします。

削った面がデコボコしていると、銀歯の適合が悪くなるため、健康な歯質を削ってでも面をスムースにしなければなりません。

虫歯が、1本に2箇所できていたら、1つの塊で済ませられるよう健康な歯質を削ることもあります。そして、それらは上から見てすっぽり入るように健康な歯質を削らなければなりません。

さて、銀歯を入れるために一体どれだけ健康な歯質を削らなければならないのでしょう?

2.金属アレルギー

特に、保険診療による銀歯では使っていい金属が決められています。アレルギーの少ない金などは価格の問題で使用できません。

銀歯は、金、銀、パラジウム、銅、その他の合金でできています。金属アレルギーを引き起こすこともあり、アレルギー体質のかたには要注意です。

アレルギーは出たことがない方でも油断はできません。今まで銀歯を入れていたから大丈夫と思われている方でも、ある日突然発症します。

特に、ニッケルを多く含んだ豆類、中でもナッツ類を多く食べる方はアレルギーを起こしやすいので要注意です。

アレルギーは、今まで出ていないから大丈夫というわけではなく、これまでの蓄積によってオーバーフローした時に出てくるので安心できません。つまりバケツに水を入れるようにある量まではバケツに収まるのですが、バケツに入れられる量を超えてしまった途端にアレルギーが発症します。

金属アレルギーになってしまうと一生消えないと言われています。金属アレルギーになってから銀歯を外しても症状を軽減させることはできても、完治はありせん。もう手遅れなのです。

できれば、金属は入れたくないものです。

3.接着力の低下

皆さん、金属を接着剤でくっつけたことありますか?例えば、金属とセラミック、金属と金属。くっつきましたか?

金属の表面への接着は非常に難しいのは感覚的にお分かりだと思います。歯医者だから特別な接着剤を隠し持っっているわけではありません。私たちも金属の接着には苦労します。

銀歯を詰める時には今では接着力の強いものを使いますが、昔は、接着という概念ではなく、歯と金属の隙間にセメントを入れて外れないようにするだけでした。身近なところで言えば、タイルを貼り付けるような感じです。

ただでさえ、金属を接着させることは難しいのに、お口の中では金槌で叩かれるように何度も強い力がかかり、金属の変形が起こります。熱による膨張収縮も影響があるのは容易に想像できます。

4.虫歯が見えない

銀歯は光を通しません。だから、銀歯の下に虫歯ができても発見できません。

レントゲンも通しません。かなり虫歯が大きくならないと銀歯が入っている所の虫歯を見つけることはレントゲンを持ってしても困難です。

写真をご覧ください。

一見したところ全く問題があるようには見えません。患者さんも痛みや違和感は全くないとのことでした。


銀歯を外すと中は真っ黒です。特に銀歯の外側からセメントが剥がれていることがよくわかります。

 
その下ではこんなに虫歯が進行していました。残念ながらこれを銀歯を外すことなく見つけることは不可能です。

いかがでしょう?銀歯がいかにダメなのかお分かりいただけましたか?

では、アレルギーの少ない金ならどうでしょう?

金なら比較的アレルギーのリスクは下がります。しかし、歯をたくさん削ることには変わりありません。

もちろん、金属が全くダメとはいうつもりはありません。実際私の口の中にも20年以上前に先輩に治療してもらった銀歯と金歯が入っています。機会があればやり直したいと思いながらも、うるさそうな私の歯を治してくれる友人に恵まれず、またしっかり治していただいた先輩の治療を否定するようなこともできず、注意深く観察しながら半ば実験台のような感覚で現在も問題なく使っています。

しかし、今日自分の身内やスタッフに銀歯を入れたことはありません。入れたくはありません。

これまで毎日たくさんの銀歯を外してきました。その数を考えてみると1日少なく見積もって3本、一月で60本、1年で720本、卒後25年で1万8千本の銀歯を外してきたことになります。これだけの銀歯を外してわかったことは、そのほとんどが接着剤が壊れて中で虫歯が始まっていたのです。

私は、患者さんにもう銀歯は入れたくはありません。患者さんから希望されても基本的にはお断りします。私の経験や考えをどれだけ説明しても解っていただけなければ、これだけたくさん歯医者がいるのですから、銀歯を入れてくれるところで治してもらえばいいだけの話しです。

様々な、ご意見もあるとは思います。でも、私の考えは今の所変わることはないと思います。

次回はセラミックについてお話ししたいと思います。


世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから



ヒラノデンタルオフィス:https://www.hirano.dental

電話:03-3708-8242
住所:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-9-17
最寄り駅:田園都市線用賀駅 徒歩4分


TOP