メニュー
一覧

9年前の症例

   


みなさん、お久しぶりです。
仕事をサボっていたわけではなく、完全にネタ切れでアップできませんでした。

そろそろ臨床以外のネタで何か書こうかなと思っていたところ、ちょうど良い症例が飛び込んできました。

それは、まだ玉川病院に勤務していた頃に手がけた症例で、なんと9年ぶりに私のところに来院されたものです。

左の写真が9年前のもの、右の写真が本日のものです。銀歯だらけのお口の中を全部きれいにしました。

 
正面の状態はほとんど変わっていません。

 
上顎の右(写真では左)の奥の歯と歯の間に隙間ができました。

 
下顎の状態はほとんど変わっていません。

 
右側の状態はほとんど変わっていません。

 
左上奥の歯が入れ歯を入れていなかったために下がってしまいました。

今回は、左上の歯が痛くなっての来院ですが、なんと9年前に治療して以来一度もメインテナンスを受けてなかったそうです。

もちろん、他の歯医者さんに行ったこともないそうで、患者さんは「先生のところに行かなきゃ行かなきゃと思ってたんだけど、痛みなどのトラブルが全くなかったのでついつい行きそびれてしまいました。」とおっしゃっています。

9年もの間メインテナンスを受けてなかったことは決して褒められることではないのですが、あまりにも状態が良いので驚くのと同時に嬉しくなってしまいました。

歯の治療は、とりあえず綺麗に仕上げることはそれほど難しいことではないのですが、長く綺麗な状態を保つことは、とても難しいことなのです。

私たち歯科医師は、まずは5年間問題が起こらないように治すことを目標としています。

5年というのは、銀歯やセラミックなどの修復物の平均耐用年数が4〜5年と言われていているため、それ以上保てば平均レベル以上と考えることができるからです。

ですから、9年持てば大成功だと言えますし、このまま更に9年保つことも十分考えられます。

こういった症例に出くわすと、自分のやっている治療に間違いはないんだと自身を持つことができます。

数年後にこんな症例ばかりになるよう日々頑張りたいと思います。


世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから



ヒラノデンタルオフィス:https://www.hirano.dental

電話:03-3708-8242
住所:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-9-17
最寄り駅:田園都市線用賀駅 徒歩4分


TOP