メニュー
一覧

「歯性感染症と全身疾患」Part6 歯周病と糖尿病を悪化させる 都立広尾病院にて 

   

これまで、糖尿病の患者さんは歯周病になり易いということがよく言われていました。

これは、糖尿病になると白血球の数が減り、免疫力が低下するために、歯周病菌が増殖してしまいます。また、抹消の血流の減少や、損傷組織への酸素供給の低下が創傷治癒を妨げ、歯周病を悪化させるのが原因であると言われています。

しかし、ここ数年新たな発表がなされ、歯周病が糖尿病を悪化させるということがわかってきました。

歯周病ではサイトカインと呼ばれる伝達物質を分泌することで膵臓から分泌されるインスリンの効果が弱められ糖尿病を悪化させるようです。

そのため。歯周病を治すと血糖値を下げ糖尿病を改善させるのではないかと言われるようになっています。

ひょっとしたら、歯周病を治すことで糖尿病が治る可能性が出てきたのです。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから



ヒラノデンタルオフィス:https://www.hirano.dental

電話:03-3708-8242
住所:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-9-17
最寄り駅:田園都市線用賀駅 徒歩4分


TOP