新型コロナウィルス感染症に対する当院の考え方

皆様におかれましては新型コロナウィルスによる影響で様々な困難に立ち向かわれていることと思います。

当院は新型コロナウィルスに限らず、常日頃からC型あるいはB型肝炎ウィルスやノロウィルスなどによる院内感染の防止策をとっております。

ただ、専門性の高い大学病院などでも院内感染が発症していることからも新型コロナウィルスの感染力は非常に強くこれまで通りの予防策では十分なものとは言えません。

そこで当院は新たな対策を行なっております。

報道でも言われているように3密を避けることが大切ですが、歯科治療の性質上、密閉、密接は避けられません。

そのため密室の対策として、換気を行っております。当院は診療室が個室になっており、各個室には独立した換気扇を設けてあります。現在それらをフル稼働して室内換気を行っております。また、クリーニングや歯を削る際に飛び散る口腔内の唾液などの飛沫は、口腔外バキュームによって吸い取っています。

密接の対策としては、患者様が接する場所(ドアの取手、椅子の肘掛など)を患者様が入れ替わるごとに強力な消毒薬で清掃しております。当然のことですが患者様ごとに手袋を取り替え、その手袋をしたまま決して必要のない箇所を触らないようにしております。

また患者様にも受付にて入退室時のアルコール消毒をお願いしております。

このような取り組みにより、患者様から患者様への感染や私たちから患者様への感染はかなり防げるものと考えております。

しかし、患者様から私たちへの感染は防ぐことができないと考えております。

皆様におかれましては、熱が出た方はもちろんのことですが、咳が出たりなどのわずかな体調の変化を来した場合に、キャンセルのご連絡をいただいております。

困難な時期であありますが、皆様それぞれが共通の意識を持って感染症に立ち向かうことが一番重要ではないかと考えております。