神経を取った歯を漂白した症例

神経がダメになって黒ずんだ歯を削ることなく白くします。

ちょっと茶色くなってます。
裏側に穴を開けて漂白剤を入れて蓋をします。
1〜2週間で漂白されます。
かなり目立っていました。
ほぼ元どおりの色になりました。
かなり茶色です。
びっくりするほど綺麗になりました。ちなみに隣の歯はセラミックを被せています。
色が気になります。
白くなったのでプラスティックも歯の色に合わせてやりかえてます。

神経を取った歯は、象牙質の中の細管に汚れが溜まり色が茶色く変色してしまいます。そこで、内側に漂白剤を入れて象牙細管内の汚れを分解します。綺麗になったら裏側をプラスティックで塞ぎます。

ただし、歯質がたくさん残っていることが条件です。そもそも神経を取らなければならなかったわけですから、古いプラスティックを取ったら歯が残っていないという場合は適応できません。

費用は1本につき¥20.000(税抜き)です。最後の症例のようにプラスティックで詰め直しが必要となる事が多く、別途ダイレクトボンディング¥20,000(税抜き)がかかります。