詰め物・被せ物の脱離

詰め物や被せ物が外れた

銀歯や被せ物が外れた場合、当院では付け直す事は基本的に致しません。

よくお問い合わせがあるのが、「差し歯が取れたから付けて欲しい。」というものですが、当院では絶対に付け直すことはしません。

外れたのには理由があります。多くの場合は虫歯になったか、歯が割れたか、いつも以上に強い力がかかったか、適合の悪いものだったかのいずれかです。

虫歯になった歯に接着剤でつけ直しても、糠に釘状態ですぐに取れてしまいます。

特に差し歯が心棒から外れた場合に付け直せば歯が割れてしまいます。

もしすでに歯が割れているのであれば、つけ直しても意味がありません。多くの場合、歯を抜くことになります。

外れた時点でその詰め物や被せ物は問題を抱えている訳で、そのままつけ直したところで根本的な解決にはならず、多くは問題を難しくしてしまうだけです。

もちろん、前歯などがなくなったら人前に出るのが恥ずかしいのはよくわかりますので、応急処置で見た目の回復は行います。

基本的には、トラブルとなった原因を究明した後に作り直しとなります。