安心して任せられる親身の歯科治療
用賀の歯医者ならヒラノデンタルオフィス

menu

ヒラノデンタルオフィス

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-9-17

TEL.03-3708-8242

義歯のトラブル

入れ歯が合わない

入れ歯のトラブルには、噛むと痛い、入れ歯がゆるくて外れやすい、違和感が強いなど様々です。そもそも入れ歯は昔から使われていますが、皆さんの想像以上に製作が難しいものです。にもかかわらず、入れ歯の出来栄えに対する皆さんの評価は明確で、痛くなければOKで、痛くて噛めなければダメとはっきりしています。多くの歯科医師は、教育課程において入れ歯を1組くらいしか作ったことないまま開業医となってしまう為、満足に入れ歯を作れる歯科医が少ないのが現状です。一人の先生に入れ歯を作ってもらっても満足することができなければ、その先生の技術の限界を超えていると考えれるため、専門医を受診することをお勧めします。

入れ歯で噛むと痛い

よくある症状ですが、使い慣れた入れ歯が急に痛くなったのか、徐々に痛みがひどくなってきたのか、作ってもらった時から痛みがあったのかによってある程度原因が絞られてきます。

使い慣れた入れ歯が急に痛くなったら

使い慣れた入れ歯が急に痛くなった場合、多くは歯ぐきを傷つけてしまったか、部分入れ歯であれば入れ歯を固定している歯に問題が生じている可能性があります。

基本的に入れ歯の問題ではありませんので、しばらく入れ歯を外して様子を見てください。2〜3日しても症状が改善されない場合は歯科医院を受診してください。

徐々に痛みがひどくなったら

初めはうまくいっていたものが、少しずつ痛くなっていったというのであれば、入れ歯の設計に問題があります。

入れ歯が長く安定するかどうかは、ほとんど入れ歯の設計にかかっています。入れ歯にかかる荷重は皆さんが想像するより遥かに大きなもので、設計を誤れば入れ歯を固定する歯に致命的なダメージを与えたり、歯ぐきが痩せさせてしまったりします。入れ歯の設計は、より専門的な知識を必要としますので、入れ歯を得意とする歯科医院に相談された方が良いかもしれません。

作ってもらった時から痛い

入れ歯を作った時から痛くて噛めないのであれば入れ歯の設計の問題と言えます。入れ歯の設計は、非常に難しく専門的な知識と経験を必要としますので、入れ歯を得意とする歯科医院に相談されることをお勧めします。

特に、歯は残ってるけれども入れ歯を外して噛んでみると上下の歯が噛み合わない「すれ違い咬合」や、歯が1本も残っていない総入れ歯の状態の方は、専門医を受診することを強くお勧めします。

入れ歯がゆるい

痛みはないけれども入れ歯が緩いというのは、そもそもの入れ歯の設計に問題があることが多いです。入れ歯の設計においてもっとも大切なのは、力のコントロールが出来ているかどうかです。力のコントロールが上手くいっていないと入れ歯が動いてしまい、固定源の歯を揺さぶったり、支えている粘膜に過剰な力を加えてしまったりして、歯ぐきがやせてしまいます。

皆さんは歳を取ると歯ぐきがやせてしまうと考えていらっしゃるようですが、歯ぐきの退縮は加齢変化によるものではなく、入れ歯の下の粘膜に過剰な力が加わることで炎症が生じて骨がやせてしまうというのが正しいのです。ですから、緩い入れ歯を使えば使うほど歯ぐきがやせてしまいます。痛みはなくても、入れ歯が緩いのであれば入れ歯の作り直しをお勧めします。

違和感がある

上手く発音できない、大きくて違和感があるのであれば、入れ歯を調整したり作り直したりすることで改善する余地はあります。しかしながら、中には入れ歯に適応できない方もいらっしゃいますので、その場合ブリッジやインプラント など別の治療法を検討する必要があります。

そもそも入れ歯は柔らかい歯ぐきの上に乗って歯と同じような働きをしているわけですから、当然広い面積を確保しなければ歯ぐきがまいってしまいます。当然広面積を確保すればするほど歯ぐきにとって優しいのですが、異物感は大きくなります。入れ歯が難しい一つの理由はそこにあります。入れ歯の大きさはこうするべきという厳密な決まりがないため、その按配は歯医者の腕次第といったところが大きのです。入れ歯が合わないのであれば、入れ歯の専門医の作ってもらうのを強くお勧めします。