被せ物

大きな被せ物

神経を取ってしまった歯は、構造上どうしても強度が落ちてしまいます。というのも、神経を取る時に便宜的に大きな穴を開けるため、箱型構造が崩れてしまい強度が落ちます。いわゆるモノコックと言われるものです。

そこで、破折を防ぐために、天然歯と同じような構造にして補強します。

それが、クラウンと呼ばれる被せ物です。銀文字通り「冠」の構造をしたものを被せることで強度を確保します。

素材による違い

皆さんが一番迷われるのが、クラウンの素材に何を使うかです。セラミックがいいのか金属がいいのか。金属でも金がいいのか銀歯でも十分なのかなどなど。

ですが、当院ではそれほど迷う必要はありません。保険の銀歯か、自由診療かをどんな素材にするか私にお任せいただくかのどちらかを選んでいただければ結構です。

それでも、一応ご紹介だけはしておきます。

奥歯では、基本的にe-Maxという素材です。詳しいことは、Googleで検索してください。ただし、一番奥だけは割れやすいので、ジルコニアという非常に固い素材を使います。正直に言えばジルコニアは硬すぎますのであまり使いたくないのですが、一番奥が割れた時、それをやり直すのがとても大変で、患者さんにとっても私にとっても大変なことなので、消去法で選んでいます。

前歯は、ケースバイケースで、技工士さんに選んでもらっています。正直に言えば、前歯のセラミックにはあまり強度は要求されないため、技工士が使い慣れて色の出しやすい素材がベストだと考えているからです。