歯を失ったら(一般論)

歯を抜いた後の治療法

歯を失ったら次の選択肢があります。

ブリッジを入れる 入れ歯を入れる インプラントを入れる 移植をする 放っておく

Bridge ブリッジ

適応 少数歯欠損
なくなった歯に隣接する歯を支えとして、ダミーの歯を入れます。通常セメントで固定しますので、取り外しは出来ません。入ってしまえば、ほとんど自分の歯と変わりなく噛むことができます。なくなった歯が1~2本の場合、ブリッジが一般的です。しかし、固定源となる歯を削るため、固定源の歯が虫歯のない健全歯の場合大きな欠点となります。また、ブリッジを入れるためには、すべての歯を平行に削らなければならないため、歯が傾いていると神経を取ったり、矯正をしたりする必要が生じることがあります。またブリッジの支台となる歯の数に対して欠損歯数が多くなると、残存歯への負担が大きくなり歯根破折や骨吸収のリスクが高くなります。

Denture 入れ歯

適応 多数歯欠損
ブリッジでは補えないような大きな欠損の場合、入れ歯を入れます。ブリッジに比べ歯を削る量は少ないのですが、義歯の支えを大部分歯に頼っているため、支えの歯の寿命を縮めてしまいます。また、粘膜にも支持を求めますので、ブリッジに比べ入れ歯は噛むときの動揺量が大きく、噛み辛くなります。義歯の場合、自分の歯で噛むときと比べて約半分の能力になるといわれています。そしてブリッジに比べ異物感が大きく、発音にも障害が出ることがあります。また、歯にバネがかかるタイプの物は審美性も劣ります。最近これらの欠点を補うエステ入れ歯というものが出てきています。咬みやすさは従来の入れ歯に比べ劣りますが、症例によっては高い満足感が得られる場合もあります。

Implant インプラント

少数歯〜多数歯欠損
インプラントは、骨にねじを埋め込んで噛み合わせを回復します。このねじは人工歯根ともいわれています。入れ歯に比べて遙かに噛みやすく、審美的にも優れています。残っている歯を削らなくて済むため、隣在歯が健全歯の場合とても有効です。しかし、ねじを打ち込むのに十分な骨が残っていることや、汚れに弱いためメンテナンスを患者さんが十分に出来るということが条件になります。また、費用が高額であり、手術を行うことや使用できるまでに3ヶ月~9ヶ月近くかかるといったデメリットがあります。

歯牙移植

基本的に1本
歯牙移植は、不要な歯をどこか別の部位から抜いてきて移植します。成功すれば、ほぼ自分の歯のようになりとても満足度の高い治療法と言えます。ただ、移植するには条件が厳しく、移植する歯はダメになって抜いた歯より小さくなければならなかったり、移植する歯自体が無ければ移植はできません。特に前歯はほぼ不可能といえ、通常行われるのが親知らずを奥歯に移植する場合に限られるといっても過言ではありません。

放っておく

歯を失っても噛み合わせに関与してしていなければ、放置しておいても構いません。ただ、相対する歯がある場合、反対側の歯が延びてきます。酷くなると抜いたところの歯ぐきに当たって傷を作ってしまいますので、あまりお勧めはできません。年単位で歯ぐきに当たっているとガン化する恐れもありますのでご注意下さい。

必要な条件

ブリッジ

ブリッジは、文字通り橋を架けるときの橋脚と同様、支えとなる歯が両端になければできません。また、3本以上歯がなくなっている場合、強度不足で非常に危険な設計といえます。理想的には、1本か2本の欠損で両端に動揺のないしっかりした歯があることが条件です。

入れ歯

入れ歯に不適応はありません。ただ、1本だけの欠損の場合お勧めできません。また、上下に歯が残っていても、歯と歯が噛んでいないような状態(例えば、下は前歯だけ上は奥歯だけ残っているような場合)は、「すれ違い咬合」と呼ばれ義歯を入れるのが非常に難しい条件と言えます。

インプラント

インプラントは外科処置を行います。そのため、手術ができないような全身状態の方は基本的に禁忌と言えます。また、注意しなければならない疾患として、糖尿病や骨粗鬆症があげられますが、ある程度コントロールできていれば問題ありません。その他、よくご質問があるのは年齢ですが、基本的にはそれほど大きな問題とはなりません。

歯牙移植

移植するドナーとなる歯がないとできません。噛み合わせに関与していない親知らずが選ばれることが多いです。また、移植する歯とされる側のサイズが合わなければなりません。移植歯を入れようとしても骨の幅に入りきらなかったり、前後の歯にぶつかって入らないようでは困ります。

どのように考えるか

選び方

下の表をご覧ください。それぞれ一長一短を表にしてみました。残念ながらすべて◎という項目はありません。では、どうやって選んだらよいのでしょう?まず、絶対譲れない項目があればチェックしてください。例えば、予算に上限があるとか、歯を削りたくないとか、外科処置はできないなどです。次に、何を強く望むのかチェックしてください。例えば、しっかり噛みたいとか、見た目をきれいにしたいといったことです。それらを上の表に当てはめれば自ずとどれがいいのか見えてきます。


ブリッジ入れ歯インプラント 歯牙移植
噛み易さ
装着感×
残存歯のダメージ×
治療の難易度
治療期間2週間1ヶ月3〜9ヶ月2ヶ月
費用
適応範囲×

組み合わせて選ぶ

欠損歯が多い場合

たくさん歯を失っていた場合、何も一つの方法だけで解決する必要はありません。例えば、1本ずつ飛び飛びに歯が残っているところはブリッジにして、まとまって歯がないところは入れ歯やインプラントなどで補うとか、総入れ歯にインプラントを組み合わせて、安定した入れ歯にするといったことなど、いろいろと考えることができます。ただ、これらは患者さんご自身で考えることは難しく、歯科医のアドバイスが必要です。

長い目で考える

5年後10年後のお口の中がどうなるかを予想して選択肢を考えることは大切です。後になってああすれば良かったと後悔することのないよう、目先のことだけにとらわれず長い目で考えてみてください。もちろん、お口の中の将来を予測することは皆さんでは難しいことだと思いますので、歯科医師に相談してください。

あくまで修復です

ご理解頂きたいのは、これらはすべて自分の歯にはかなわないとうことです。自分の歯と同じものを人工物に期待してはいけません。これらはあくまで修復物なのです。それぞれの特性をよく理解し、ご自分に合った治療法を選択していただくことが、一番大切なことだと思います。