歯の動揺

歯がグラグラする

歯がグラグラする場合は、歯を支えている歯周組織の問題が考えられます。

そもそも歯は骨に直接突き刺さっている訳ではありまん。骨と歯は歯周靭帯と呼ばれる繊維で骨の中にぶら下がるようにして固定されています。この歯周靭帯はクッションの役割をしていて、噛んだ時の衝撃を和わらげ、歯が割れるのを防いでいます。

歯を支える、骨、靭帯、歯肉を歯周組織と呼び、そこに炎症が起こることを歯周炎と呼んでいます。

では、歯周炎を引き起こす原因をあげてみます。

一つは、歯の周りの汚れ。皆さんもよくご存知かと思います。いわゆる歯周病というものです。歯ぐきの腫れ、出血、痛みなどを伴います。ただ最初は腫れたら数日で治ってしまい、またしばらくすると腫れてくるといった不定期に症状が出ることが特徴で、よほど重症にならない限りずっと腫れている事はありません。

歯周病治療

ずっと腫れているのであれば、歯の破折が疑われます。歯の根が割れた場合、割れた直後は噛むと痛みますが、しばらくすると痛みが和らぎ、なんとなく変な感じ程度で推移することが多く、軽く考えがちです。割れた状態を放置すると、割れ目に沿って骨がなくなり大変のことになりますので、ご自分で判断せず歯科医の診断を受けて下さい。

残念ですが基本的に抜歯

歯ぎしりや食いしばりがひどいと、歯がグラグラしてきます。噛み合わせが悪くても同じことが起こります。つまり、歯が耐えられる以上の力がかかってしまうと、歯周靭帯が音を上げてしまうのです。

歯ぎしり食いしばりの治療

噛み合わせの治療