歯の痛み

歯が痛い

歯の痛みも様々です。

何もしなくても痛い 噛むと痛い 歯がしみる

歯痛を引き起こす原因は二つあります。

一つは歯の中にある神経。これが炎症を引き起こすと刺激に対する感覚が徐々に過敏になり、最初は冷たいものがしみる、歯磨きでしみるといった症状から。熱いものがしみる、何もしなくても痛いといった症状に進行していきます。痛みの特徴は、鋭く強い痛みと言えます。いわゆる刺すような痛みで、一瞬で痛みが和らぎますが、炎症が進むと激しく痛みだし、痛みの持続時間が長くなってきます。最後には拍動痛といって心臓の鼓動に合わせてドクドクとした痛みを生じます。こうなってしまうと痛み止めも効きにくく、夜も眠れないといった最悪の状態と言えます。

もう一つは歯を支える歯周組織。これは歯を支える骨や固定する靭帯、歯ぐきをひとまとめにしたものをそう呼んでいます。歯周組織が炎症を引き起こしたものを歯周病と言います。歯周組織が炎症を引き起こす原因としては、歯周病の原因としてお馴染みの歯石などの歯の汚れがあります。他には、上で述べた歯の中の神経が腐ってしまってその毒素が原因となる場合、歯の根が割れたり亀裂が入りその隙間にいるバイ菌が原因となる場合があります。痛みの特徴は、鈍く持続的な痛みです。

痛みの原因を突き止めることは、ベテランの歯科医師でも難しいことが多く、患者さんがご自分で判断されるのは非常に危険です。必ず、歯科医師の診断を受けてください。

何もしなくても痛い

何もしなくても痛いのであれば、持続的な痛みと言えます。

持続的な痛みの原因として考えられるのが、歯の中の神経がダメになってしまう寸前か、歯周組織の炎症が考えられます。

歯の神経がダメになってしまう寸前であれば、残念ですが神経を取る必要があります。神経を残したいとご希望の方も多くいらっしゃいますが、自発痛がひどく歯を叩いても痛みがあるような場合は、神経を救うことは難しいです。歯の神経がダメになってしまう原因としては、歯の亀裂破折相当進行した虫歯が考えられます。

歯周組織の炎症が原因の場合、痛みが続いている日数によっておよその判断ができます。2〜3日で自然に痛みが治まり、忘れた頃に痛みが出てくるのであれば、いわゆる歯周病で歯石やプラークと呼ばれる磨き残し、ブラッシングで歯茎を傷つけたことが原因と考えられます。痛みが1週間以上続いているのであれば、歯の根の中の神経が腐ってバイ菌が繁殖し、それがもともと神経の出入り口から毒素を出すことによって根の先端に膿の袋ができてパンパンに腫れてしまったか、歯が割れたり亀裂が入ってしまい、その隙間から毒を染み出し割れ目に沿って炎症を引き起こしていることが考えられます。

歯の神経がダメになったのであれば

神経を取る根管治療

歯石やプラークが原因であれば

歯周病治療

根の先端に膿の袋ができたのであれば

根の管を掃除する根管治療

亀裂が入っていたり割れてしまった

大変残念ですが抜歯

噛むと痛い

噛むと痛いというのは、上記の「何もしなくても痛い」の軽いバージョンだとお考えください。痛みの種類のよって判断します。刺すような鋭い痛みか、鈍い痛みか。

刺すような痛みであれば、歯の中の神経が刺激に反応していると考えられます。その原因としては、相当進行した虫歯亀裂充填物の不備が考えられます。

ここで一つお断りをしておきたいのですが、基本的に虫歯は痛くありません。ただし、相当進行した場合は痛くなります。相当進行した虫歯とはとういう状態か。これは虫歯が大きくなって歯の中の神経まで虫歯菌が入り込み、神経が炎症を引き起こした状態のことを言います。

相当進行した虫歯であれば、神経を残せる可能性があります。虫歯を削り取っている最中に神経が露出しなければ、詰め物をするだけで修復が可能ですが、神経が露出してしまった場合は対応が分かれます。大きな露出であれば神経を取らなければなりません。小さな露出であれば神経を残し詰め物をして様子を見ます。そしてその後の経過が良好であれば大丈夫であると判断し、痛みやひどい知覚過敏が出るのであれば神経を取ります。

歯に亀裂が入ってしまった場合、これ以上亀裂が広がらないようにクラウンと呼ばれる被せ物をして経過を観察します。経過次第では、神経を取ったり、最悪歯を抜かなければりません。歯の周囲を皮をむくように皮をむくように削らなければなりませんが、亀裂が拡がれば歯を抜かなければならなくなってしまうため、致し方ない処置だとお考えください。特に歯ぎしりやくいしばりのひどい方に見受けられますの。

充填物の不備とは、プラスティックや金属などを治療した直後から出る痛みで、噛み合わせの調整がうまくいっていないか、充填物と歯との間に隙間ができていて、噛むたびにその空間が圧縮されることで痛みを発生させてしまいます。充填物の調整あるいはやり直しが必要です。

鈍い痛みの場合、歯周組織の炎症が原因と考えられます。歯周組織が炎症を引き起こす原因としては、前述の歯周病、神経を取ってある歯の根の先端に膿の袋、歯の根の亀裂や破折があります。2〜3日で自然に痛みが治まり、忘れた頃に痛みが出てくるのであれば、いわゆる歯周病と考えららます。痛みが数週間にわたって続くのであれば亀裂や破折を疑います。根の先端の膿の袋が原因の場合もありますが、多くは痛みを伴わないため、まず亀裂や破折を疑います。

進行した虫歯   

小さな虫歯治療

神経を取る根管治療

亀裂が入っていたり割れてしまった

大きな虫歯治療

神経を取る根管治療

大変残念ですが抜歯

歯石やプラークが原因であれば

歯周病治療

根の先端に膿の袋ができたのであれば

神経の管を掃除する根管治療