電動歯ブラシは使いこなせるのか?

この2〜3日、電動歯ブラシをお使いになっている患者さんから使い方についてのご質問を何度かいただきました。実際に電動ブラシをお持ち頂いた方もいらっしゃいました。

電動歯ブラシをお使いの患者さんには共通した誤った使い方があります。それは、
「電動歯ブラシを普通の歯ブラシのように動かしている」
ことです。みなさん、ついついシャカシャカと前後や上下に動かしてしまっているようです。電動歯ブラシは、文字どおり電気でブラシを動かす訳ですから、わざわざてを細かく動かす必要はありません。電車の中で走っているようなものです。歯にブラシの先を当てたら、そのままキープすればいいだけです。

また、共通した問題点があります。それは、奥歯の歯の裏側が磨けていないことです。特に歯と歯ぐきの境目にプラークがほとんど残っているのです。ほぼ全滅です。逆に、このような磨き残しのある患者さんに「もっとよく磨いてください。」というと、たいてい「電動歯ブラシを使っているのにおかしいな?」とちょっとご不満の様子です。

電動歯ブラシを使いこなすのはとても難しいのです。先日、こんな実験をしてみました。私が、患者さんの歯の片側を電動歯ブラシで、もう一方を普通の歯ブラシで磨いて、ツルツル感を比べて頂いたところ、なんと普通の歯ブラシの方がツルツルしているというお答えが返ってきました。

プロの私でさえ、電動歯ブラシを使いこなすのは難しいのです。何も指導を受けられていない患者さんが、市販の電動歯ブラシを我流で使っていたらどうなるか?もうお分かりですね。

本日いらした患者さんは、これまで上手にブラッシングできていたのですが、今日チェックしたところだいぶ磨き残しがありました。少しまえに電動歯ブラシに替えたそうです。ご自分でも、電動歯ブラシで磨いてもなんだか磨き残しがあるような気がしていたとのことでした。

いかがでしょう?それでも電動歯ブラシを使いますか?
ご質問のある方は、お気軽にご相談ください。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから