口腔内カメラ 見えない治療が見えるようになりました

最近導入した口腔内カメラ、結構いいです。

いままでは、虫歯の治療をする前と途中と後に鏡を使って患者さんに見てもらっていましたが、正直言って本当に見えているかどうか疑問でした。なかには、よくわからないけどそうですねと言われる患者さんもいらっしゃったに違いありません。

しかし、口腔内カメラを使うとご覧の通り、とても良くわかります。患者さんの食い付きが違います。どんな虫歯があって、どれくらいの大きさまで歯を削り、どんな詰め物をしたのか、一目瞭然です。

実は、歯科治療も意外と密室の治療で、患者さんがどんな処置をされたのかあまり知らされてないのではないかと以前から考えていました。それ故、どんなに最善を尽くしても痛みが出てしまうようなケースの場合、これまで患者さんに後から「痛かくなってきた」と訴えられても、「虫歯が大きかったからですね」と答えても言い訳にしか聞こえませんでした。

でも、これだけクリアな写真があれば、どんな治療をしたのか、正確に伝えることができます。

口腔内写真は、患者さんだけではなく私にも大きなメリットがあります。毎日たくさんの方の歯の治療をしていれば、1本1本の歯がどんな虫歯でどれくらい削ったのかまで覚えることはできません。でも、この写真があれば、もし何かあった時に前の治療を振り返ることができます。

写真は、すべて部位ごとに整理して保管してありますので、いつでも見たい写真が取り出せるようになっています。口腔内写真は患者さんにとっても、歯科医師にとってもとても有益なものだと思います。

ご希望の方にはプリントしてお渡ししたり、ホームページから画像をダウンロードすることもできます。ご遠慮なくお申し付けください。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから