虫歯1本 ¥3,000 !!!

少々忙しくなってきて、だいぶ更新をさぼってしまいました。

今日は、久しぶりに自由が丘に繰り出しました。めまぐるしく変わる町並みの中に、「690円」こんな大きな看板を見つけました。 家内が、「何の値段でしょう?」と聞いてくるので、「ランチ?」と応えたところ、「カット」との答えが返ってきました。

さて、皆さんは「690円」のカットに入りますか?

では、もう一つ質問です。「虫歯1本 3,000円」と看板を掲げてある歯科医院があったとしたら、皆さんは入りますか?

「虫歯1本3,000円で治すところなんて、怪しくて入れない。」そう思われた方はいらっしゃいませんか?

実はこれ、保険診療でレジン充填を行った時の医院に入る診療報酬です。患者さんの負担分は約1,000円弱です。もちろん、再診料やら管理料などもかかりますのでもう少し負担額は多くなりますが、それでも1本1,500円くらいの負担です。ちなみに、1本の歯をしっかり治そうと思ったら40分〜1時間かかります。

髪は2〜3ヶ月も経てばまた伸びてしまい、切り直さなければなりませんが、それで文句を言う人はどこにもいません。

歯は、少なくとも数年間は虫歯にならないような処置をしないと、患者さんから怒られてしまいます。平均すれば5年くらいは持たせないと、藪医者だと言われてしまいます。

先日「カンブリア宮殿」という村上龍が歯科医をする番組で、崩壊する歯科医療の現場をリポートしていました。崩壊する原因の一つは、こんなところにもあると言えます。

もし、「虫歯1本3,000円」が怪しいと思われたのであれば、歯科の保険診療が怪しいと言っているに等しいのです。

皆さんは、どう思われましたか?

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから