歯を抜けたまま放置していると…?

こんにちは。

東京都世田谷区用賀にある歯科医院、ヒラノデンタルオフィスです。

何らかの理由で歯が抜けてしまっても、1本ぐらいなくても大丈夫、時間がなくて治療ができない、と治療せず放置してしまう方も少なくありません。
しかし、歯を1本失うだけでさまざまなトラブルを招くことになってしまうのです。

今回は、歯が抜けたにもかかわらず、治療を行うことなく放置する危険性についてお話いたします。

歯が移動してしまう

歯が抜けたたま放置すると、歯を失ってできたスペースを補おうと両隣の歯が移動してきてしまいます。
そのため歯並びが乱れ、かみ合わせが合わなくなります。

このため、歯が抜けたままで長年放置してしまうと、失った歯を補う治療だけではなく、移動してしまった歯の治療まで必要になってしまうのです。

かみ合わせが悪くなる

たとえば下の歯を失った場合、かみ合う相手を失った上の歯が、失ってできたスペースに向かって下へ伸びていきます。
上の歯を失った場合も同じで、歯が上へと伸びてしまいます。
長年放置して伸びきった歯を治療することは非常に難しいものです。

また、かみ合わせが悪くなることで、むし歯や歯周病になりやすくなる、顎関節症などが起きる、身体全体のバランスが悪くなるなど、さまざまなトラブルの要因となってしまいます。

歯槽骨がやせてしまう

歯を支える役目を持つ「歯槽骨」は、刺激を受けないでいると次第にやせ細っていきます。
歯槽骨がやせ細ると、他の歯も抜けやすくなる、後にインプラント治療を行うことができなくなる恐れや、顔の輪郭がたるむ、顔にしわができるなど老けこんで見えるなど、悪影響がでる場合もあります。

まとめ

このように、歯は1本でも失ったままにしてしまうと、たとえ最初は問題がなかったとしても次第にいろいろなところに問題が生じてきてしまうのです。
「たかが1本」と思ってしまうかもしれませんが、すべての歯が揃うことで機能しているのです。
もし歯が抜けてしまった場合は、放置せずにすみやかに歯科医院を受診しましょう。

当院では、すぐれた機能をもつインプラント、ブリッジ、入れ歯などの義歯をご用意しております。
ライフスタイルや見た目・費用などのご希望に合わせて、満足のいく義歯を製作いたします。
ほかにも、奥歯であれば親知らずを移植することができる場合などもあります。
しっかりとカウンセリングを行ってから治療を行いますので、まずは当院までご相談ください。