日常の臨床 ダイレクトボンディングで銀歯を白い歯に

今日は、日常の臨床のご紹介。おそらく、最も頻度の高い治療がこのダイレクトボンディングだと思います。1回で白い歯になり、しかも費用もそれほど高額ではないためほとんどの患者さんがご希望されます。

この患者さんは銀歯が外れたのですが、白い詰め物で治して欲しいとのことで来院されました。見てみると、1本金属の詰め物が外れています。手前にも金属が入っていますが、同時期に処置したものなので、近い将来同じように外れてしまう可能性が高く、一緒にやり直すことにしました。

写真のように、歯と歯の間の欠損は結構手間暇がかかります。でも小さいので2本で1時間でした。

この患者さんは自由診療を選択されましたので、色や耐久性の良い素材を用いて、とても細かい部分までリアルな再現をしています。ちなみに費用は、小さなケースでしたので1本1万円で2年保証を付けています。(大きなものや複雑なものは1万5千円〜2万円)

麻酔も、早く切れるタイプを使っていますので、お帰りになる頃には通常どおりにお食事も可能です。銀歯を入れた時と違い、患者さんにとても喜んで頂き、こちらとしてもやりがいのある治療です。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから