たまにはインプラント(サイナスリフトなど)

このところ審美の症例が多いのですが、たまにはインプラントの症例をお見せしましょう。

でも、インプラントって「歯を抜きました。→インプラントを入れました。」で終わってしまい余り面白くはありません。そこで、ここではちょっと難易度の高い症例をお見せします。


初診時のレントゲンです。右上に根だけ残っている歯がありますが、さすがにこれでは抜くしか手はありません。


抜歯してしばらく経過したレントゲンです。抜いたあとは奇麗に治って骨が出来ています。
でも上顎洞底が低く下がっているため、このままインプラントを埋め込むと上顎洞へ穿通してしまいます。


そこでサイナスリフト(上顎洞挙上術)を行い、同時にインプラントを入れました。
上顎洞が人工骨でこんもり盛り上がっているのがお分かり頂けますね。

上顎洞挙上術にもいろんなやり方があります。難易度の低い順に

インプラントを埋入する穴からハンマーで上顎洞の底を叩いて持ち上げるソケットリフト

上顎洞の横から穴をあけて粘膜を挙上するラテラルウインドウテクニック

インプラントを埋入する穴から粘膜を挙上するクレスタルアプローチ

などが上げられます。本症例は2番目のラテラルウインドウテクニックを用いています。

日本路は上顎洞底が低く、半数近い方がこのような手術を併用しなければ上顎の大臼歯部にインプラント入れる事ができません。そのため、歯科医院の技術の差によってインプラントを入れられるケースの範囲がまったく異なります。

この症例はぼちぼち難易度が高い手術ですので、インプラント標榜している歯科医院でもこのケースをこなせるのは僅かではないかと思います。

インプラントを入れるのは骨がなくて無理だと言われた方も、一度ご相談ください。ひょっとしたらインプラントを入れられるかもしれませんよ。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから