セラミックはどうなのか? 神経のある歯ならセラミックではなくプラスティックで治す。 ヒラノデンタルオフィス

銀歯を入れたくない方が、銀歯ではなく白くしたいと希望すると多くの歯科医院ではセラミックまたはハイブリッドを勧められます。

セラミックのメリットを考えてみましょう。

1.白い
大きなメリットです。誰しも色の全く違う銀歯は入れたくありません。セラミックは見た目が綺麗ですし、万が一下に虫歯ができても透けて見えるので発見しやすいです。また変色もありません。

2.アレルギーを起こさない
セラミックは高い温度で焼成してあり、非常に安定した材料です。アレルギーのリスクはほとんどありません。

3.硬い
もうご存知かと思いますが、非常に硬く歯の硬さに近いです。そのため変形もなく磨耗もほとんどありません。金属は咬合力や熱膨張による変形により接着剤が剥がれてしまうことが考えられますが、セラミックは変形しないためそういうことはありません。

こうして見ると材料としてはなかなか優れています。では、神経の残っている歯に適応した場合のデメリットはどんなことが考えられるでしょうか?

1.金属を入れるより歯をたくさん削らなければならない
型を取って、口腔外で製作するため、歯の削り方は銀歯と同様です。セラミックは硬い反面脆く、ある程度の厚みがないと簡単に割れてしまうため、金属よりも厚みが必要となります。セラミックは複雑な形状を再現するのは金属に比べ不向きなため、できるだけ単純な形になるように歯を削らなければなりません。総じて、セラミックを入れる場合、金属よりもたくさん歯を削らなければなりません。

2.適合精度が低い
セラミッックは焼成すると収縮する性質がありますので、金属に比べて適合精度が低く、歯とセラミックの間の隙間が広く接着剤が厚くなってしまいます。そのため、接着剤への負担は大きなものになり耐久性はセラミックというより接着剤にかかっていると言えます。また接着剤の層が厚くなるとセラミックと歯との境界部に接着剤のラインが見え、劣化により変色すると見苦しくなります。

3.割れやすい
できるだけ歯を削らないよう配慮すればするほど、セラミックの強度不足となりますから、割れる頻度も高くなります。また割れた場合銀歯同様修理は不可能で、全部削って作り直さなければなりません。

4.細かい色合わせができない
奥歯は目立たない部位なので前歯のように細かい色合わせの必要はありませんが、奥歯に使うセラミックは通常単色で作るために色が合わないことがあります。

いかがでしょう?

セラミックは一見良さそうに見えますが、基本的に歯を削る量は銀歯より多くなります。

また、結構割れてきます。これは、なるべく歯を削りたくないという思うあまり、ついつい規定より薄いものを作ってしまいがちになるからです。また、噛み合わせの調整不足で一点に強い力がかかると簡単に割れてしまいます。

意外に多いのが、セメントラインと呼ばれる接着剤の層が汚く目立ってしまうことで、見苦しくなってしまう症例が非常に多いです。

銀歯も、セラミックも型を取って模型上で製作するものなので、通常1週間以上時間がかかります。その間歯を削ったところには仮のものが詰められていますが、仮のもの故にばい菌が入って感染したり、知覚過敏が生じやすいと言った根本的な欠点があります。

こうした理由から、神経のある歯で中等度の大きさの虫歯に銀歯はもちろんセラミックも適用することは得策とは言えません。

次回はいよいよプラスティックについてそのメリットとデメリットを詳しく説明します。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから