またまた成人矯正とインプラントです

先日の矯正の症例に引き続き今回も成人矯正です。

前回の症例は歯を抜かずに矯正していますが、さすがに今回は1本抜いています。
また、奥歯に1本はが足りなかったので、インプラントを入れ、そのインプラントを固定源として歯を動かしました。

歯はわずかな力かけると少しずつ動きますが、インプラントはどんなに力をかけても動きません。たとえば奥歯を1本動かそうと思い、前歯にゴムをかけたとしましょう。しかし、結果は奥歯は動かずに前歯が動いてしまいます。ちょうど綱引きのようなもので、弱いほうが引っ張られてしまうのです。

奥歯はとてもしっかりとしたものですがら、インプラントでなければ簡単に動かすことはできません。ちょうど、都合の良いところに歯の欠損がありましたので、歯を補うのと矯正のアンカー(碇)にと一石二鳥でした。

小さな銀歯は全てプラスティックで治しています。セラミックは右上奥のインプラント1本だけです。
 

 

 

 

お口の状況は人それぞれみんな違います。その人に最も適した、そしてその人の最も望むゴールに導けるよう、さまざまな治療法を駆使した治療計画をご提案しています。

お気軽にご相談ください。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから