銀歯とセラミックを比較してみました

こんにちは。

東京都世田谷区用賀にある歯科医院、ヒラノデンタルオフィスです。

保険診療が可能な銀歯は費用を低く抑えられる反面、目立ってしまうことをはじめとしたさまざまデメリットがあります。
そこで一度銀歯にしても、その後セラミックに交換する方も多くいらっしゃいます。

セラミックの歯にはどのようなメリットがあるのでしょう?
今回は銀歯のデメリットや、セラミックのメリットについてお話しいたします。

銀歯治療のデメリット

保険診療で使われる銀歯は、「金銀パラジウム合金」という貴金属系合金が多く使われています。
安価で強度が高いというメリットがある反面、銀歯に使うことで次のようなリスクが高くなります。

・歯科用金属アレルギー
銅やパラジウムのほか、まれに金や銀に対してアレルギー反応を起こす人は、銀歯を入れた場合にアレルギー症状が起きる可能性があります。

・ブラックライン
銀歯の差し歯を入れた場合、溶け出した金属イオンが歯茎に沈着して、歯と歯茎の境目に黒っぽい線が現れるブラックラインがみられる場合があります。
前歯のような審美性が求められる部分ではとくに気にされる方が多いです。

・二次カリエス
二次カリエスとは、むし歯治療を行った歯で二次的に起こるむし歯のことです。
主な原因は銀歯の劣化で、金属が酸化することによって徐々に歯と銀歯の間に隙間ができ、むし歯ができやすい状態になるのです。

セラミック治療のメリット

セラミックの歯は、あらかじめ焼き入れをしたセラミックの塊を使って、コンピュータ制御で設計から製作までを行う「CADCAM」が一般的です。
セラミックには次のようなメリットがあります。

・目立たない
セラミックは、保険診療で使えるレジンと違い、天然歯に近い透明感やツヤが得られることから、前歯に入れても自然でほとんど目立ちません。

・劣化しにくい
セラミックは劣化が起こりにくく、ほとんど変色が見られないのが特徴です。
そのため、銀歯に比べて二次カリエスも少なく、長く使い続けることができます。

・身体への影響が少ない
セラミックはアレルギーの不安がない上、ブラックラインなど歯ぐきへの影響もありません。

・表面に汚れが付きにくい
銀歯は表面に細かな傷がつきやすいため、表面に汚れが付きやすいという欠点がありますが、セラミックは硬くて傷つきにくいため、銀歯のような汚れは付着しません。

・補綴物の精度が高い
患者さんの歯の模型をスキャナーで読み取ったデータをもとに、「CADCAM」で詰め物や被せ物を設計・製作するため、正確性が高く歯にぴったり合い、むし歯になりにくいです。

セラミックで白い歯がよみがえります

自由診療のため費用は銀歯よりかかりますが、セラミックは長持ちしてメリットも多いです。
もし今入れている銀歯が気になる方は、お気軽に当院までご相談ください。