痛みが出ないインプラント手術

皆さんインプラントの手術はとても恐ろしいものだと考えていらっしゃいます。
特に、痛みと腫れについてはものすごく不安を持たれているようです。

今回は、条件は限られますが、ほとんど痛みが出ないインプラント手術をご紹介致します。

術前の状態です。麻酔は虫歯治療と同じだけ。

粘膜をインプラントのサイズに合わせて切り取ります。奇麗に骨が再生しています。

インプラントの長さと太さにあったホールを形成します。ご覧のように、大量出血することはありません。

インプラントを入れ、粘膜が奇麗に治るようなキャップをします。手術直後の写真ですが、もう出血もありません。これで手術終了。今回僅か10分の手術でした。

初診時の写真ですが、歯の根が折れてしまい抜歯しました。ブリッジを選択する場合、まったく問題のない前後の歯を削ることになるため、このような症例ではインプラントがベストといえます。
 

患者さん曰く「インプラントの手術は思ったより、何でもなかったです。抜歯の時の方が大変でした。」とのことです。

このような症例であれば、痛みや腫れはほとんど出ません。ブリッジより遥かに易しい処置といえます。

ただし、すべてがこのように上手くいく訳ではありません。どの程度の手術になるかはあらかじめ予想できますので、ご相談ください。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから