デリケートな歯ぐきを奇麗に仕上げる

最近、結構良いペースで更新してますが、その理由は、書くネタがたくさん出て来たからです。

年末に近づくと、なぜか年内までに区切りを付けようとする心理が働くのか、時間をかけて治療して来たケースが集中して終わります。今回もそんなケースの一つ。

初診時の写真です。左上のセラミックが脱落してきました。
 
セラミック自体は非常に奇麗に仕上がっています。技工士さんの腕はかなりいいですね。
ただ、残念なのは歯ぐき。さらに前歯が外れてしまっては頂けません。

しかし、「この歯ぐきを治してください。」と患者さんに言われても、実は簡単には治せません。

一度無くなった歯ぐきは再生しません。移植か移動させるしかないのです。

ただ、このように薄くて尖った歯ぐきは非常にデリケートで、下手な移植を行えば反って悪い状況を招いてしまいます。そこで、今回は「移動」させることにしました。


左右の写真を比べてください。歯ぐきが下がってるのがお分かり頂けますね。
これは、仮歯の裏側で歯を歯ぐきごと引っ張り出しているのです。
1ヶ月もあればここまで引っ張り出せます。


そして、仮歯を整えてしばらく歯ぐきが落ち着くのを待ちます。


やっと完成です。ここまで数ヶ月かかっています。セラミックの色もばっちりとあっています。


これも100%の歯ぐきの仕上がりとは言えませんが、私の技術の限界ゆえにこのあたりで良しとしてもらっています。ただ、患者さんには大変喜んで頂けて、私としても苦労した甲斐があったというものです。

歯ぐきの扱いは一歩間違うと目の当てられない事になってしまいます。私たちも安易に結果を保証できない難しい分野です。

前歯を奇麗にしたいとお考えの方はご遠慮なくご相談ください。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから