嚢胞摘出術 

また、歯根嚢胞摘出術の症例です。
これは、根の先端に出来た歯根嚢胞のレントゲン像です。根の先にろうそくの炎のような陰が見えますが、これが歯根嚢胞で、骨が空洞化しているためにこのように写ってきます。

さすがに、血を見るのが駄目な方もいらっしゃいますのでアップは載せませんが、ピンセットでつまんでいるのが嚢胞です。うまくいくと、このようにコロンと取れてきます。

嚢胞を取ると、ご覧のようにぽかんと穴があいてしまいます。感染源である歯根の先端は汚れている部分を超音波で削り取ります。この穴は、数ヶ月するとまた骨で埋め尽くされます。

これだけ大きな嚢胞を抱えていても、患者さんは症状が全くないとおっしゃいます。ですから、歯科検診の際には出来ればレントゲン写真を撮って、骨に異常がないかどうか確認する必要があるのです。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから