危険な設計

まずは写真をご覧ください。

先日ブリッジが浮いた感じがするということで来院された患者さんで、次の約束時にブリッジを外して仮歯を作りましょうということになったのですが、その間にブリッジが折れてしまったようです。

初診時のレントゲン写真向かって右側が該当するブリッジですが、レントゲン写真からも危うい設計であることがわります。おそらく、入れ歯になるのを避けるために無理矢理ビリッジを作ったと思われるのですが、当然設計原則から外れていて、保険適用にもなりません。

幸いなことに、歯が割れることはなかったのですが、金属の心棒ポキリと折れていて歯の根に残っているのが解りますね。このような設計だと、歯にとても無理な力がかかり、通常だと金属の心棒ではなく歯が折れて抜歯となってしまいます。

入れ歯を避けるあまり、無理な設計のブリッジを入れてしまったため、かえって歯をさらに失ってしまうところでした。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから