ホワイトニングで白い歯になろう

こんにちは。

東京都世田谷区用賀にある歯科医院、ヒラノデンタルオフィスです。

「白い歯」は、健康的で美しい歯の象徴です。
そのため、歯が白くなる「ホワイトニング」は人気の高い治療です。

歯科医院でのホワイトニングは、どのような仕組みになっているのでしょう?
今回は、ホワイトニングについてお話しいたします。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、加齢や生活習慣によって蓄積された歯の黄ばみを、薬によって漂白する方法です。
着色物のみを分解し、歯本来の白さにするので自然な仕上がりになります。

歯科医院で使用するホワイトニング剤には、基本的に「過酸化水素」と呼ばれる物質が含まれています。
これは衣類の漂白に用いられる漂白剤にも含まれており、歯に対しても漂白作用があります。
ですから、「歯のホワイトニング=歯の漂白」と言うことができます。

歯の内部の汚れを分解

歯のホワイトニングが有効となるのは、歯の中にまで浸透した汚れです。
例えば、喫煙習慣のある方は、ヤニなどの着色性物質が歯質の表面だけでなく、エナメル質の内部にまで入り込んでいるため、ブラッシングや歯科医院でのクリーニングでは落とすことが不可能です。
歯の内部の着色汚れは、ホワイトニング剤を作用させることで除去することが可能となります。
また、加齢による歯の着色や変色も同じ原理で取り除くことができます。

歯を削る必要がない

歯の美しさを高めるための美容歯科診療では、天然歯を削って治療を進めるケースもあります。
審美的理由でクラウンをかぶせる際や、ラミネートやべニア、歯のマニキュアをする場合には、削らずにそのままやってしまうと、歯の厚みが増してしまい不自然な印象になります。
そのために削って調整するのですが、削るのは健康な歯です。

歯は削ることでもろくなってしまい、トラブルが増える原因となります。
ホワイトニングでは、削る・かぶせなどの行為は行わないので、歯質への負担がなく済みます。

まとめ

このように、ホワイトニングは歯に負担をかけずに歯を白くすることが可能です。
ただ、人によっては一時的にしみる、先にむし歯などの治療が必要、思ったより白くならないなどの場合があります。

当院では事前に丁寧なカウンセリングを行い、必要であればむし歯などの治療を先にいたします。
そのほか、施術方法やアフターケアについてもご説明を行ってから治療に入りますので、ご不明な点や心配なことがありましたら、遠慮なくご相談ください。
安心して美しい白い歯を手に入れるお手伝いをさせていただきます。