妊婦さんこそ歯周病予防!

こんにちは。

東京都世田谷区用賀にある歯科医院、ヒラノデンタルオフィスです。

妊娠すると歯周病になりやすいということをご存知ですか?
歯周病は放っておくと炎症がみるみる広がって、全身にさまざまな影響を与えます。
そのため、妊娠中といえども、歯周病を予防する必要があります。

妊娠性歯肉炎とは

歯周病とは、細菌感染によって炎症が起こることにより、歯ぐきや歯を支える歯槽骨などが破壊されてしまう病気です。
とくに妊婦さんに起こりやすい歯周病を「妊娠性歯肉炎」といいます。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化やつわり、食生活の変化などにより、妊娠性歯肉炎のリスクが高まるのです。

妊婦さんの口内トラブル

妊娠性歯肉炎のほかにも、妊娠中は「妊娠性エプーリス」と呼ばれる良性の腫瘍が歯ぐきにできやすくなります。
妊娠性エプーリスは放っておいても出産後に自然になくなっていることが多いのですが、悪化すると歯ぐきや歯槽骨の切除が必要になることもあります。

歯周病は赤ちゃんにも悪影響を与えます

妊娠中に歯周病になってしまうと、影響を及ぼすのは母体だけではありません。
早産や低体重児出産のように、胎児や出産に悪影響を与える可能性があります。

通常、出産が近くなると、「プロスタグランジン」という物質が子宮で分泌されることによって分娩が始まりあす。
しかし、歯周病により炎症が広がると、それを抑えようとしてプロスタグランジンが作られてしまうために早産が引き起こされてしまうのです。

また、ママが歯周病である場合、通常の出産よりも低体重児の割合が多いという調査結果もあります。
お腹の赤ちゃんが正常な発育のためにも、歯周病にならないようにじゅうぶん気をつける必要があります。

まとめ

歯周病を予防するためには、以下のようなことをしてみましょう。

・体調がよい時にしっかり歯を磨く
つわりがひどくて歯磨きができない場合は、体調がよい時間帯に重点的に歯を磨いておきましょう。
子供用の小さな歯ブラシを使う、歯みがき剤を付けずに磨くのもおすすめです。

・水分をしっかり摂る
お口の中が乾燥していると歯周病菌が繁殖しやすくなるため、こまめに水分を摂ってお口の中を潤しましょう。
お水やルイボスティーのような、ノンカフェイン・無糖の飲み物がベストです。

・ガムを噛む
ガムを噛むことで、唾液腺が刺激されて唾液の分泌が促されます。
キシリトールの含有率が高い歯科用のガムを選ぶと安心です。

・歯科検診を受ける
安定期に入ったら歯科医院を受診して、お口のクリーニングをしてもらうといいでしょう。
母体に負担がかからない程度であれば、治療も可能です。
妊娠後期や産後は受診がまた難しくなるため、一度安定期に受診するのがおすすめです。